色んな食品業界が参入しているケータリング

ケータリングは、お客様の希望する場所に調理のできる車輛で出向いて、配膳をし料理を提供したり、ホームパーティーやイベントなどで、その場のキッチンを利用し、食材を調理をして、配膳と料理を提供することをさしていました。

けれども、もともと日本では、出前という習慣があったので、希望する料理だけを指定場所に届ける仕出しや出前も含めて、デリバリーも含めてケータリングと捉えられているのです。
オフィス街などでは、新年会や忘年会は会場を予め予約して仕事があっても、参加しなくてはならないので、途中参加や途中退場も難しかったのですがオフィスでケータリングを頼んで新年会や忘年会、歓迎会などを行うと、仕事の途中でも参加で来て、料金もリーズナブルに行えるというので人気が出てきているのです。
今までは、ケータリングはホテルやレストランが主流に提供していました。
最近では、大手の居酒屋チェーンや、軽食やビアホールを展開する飲食業界もこのケータリングに参入してくるようになってきています。
ケータリングは、ちょっとしたパーティーや会社のイベントでよ、り温かい食事を提供して場を盛り上げたい時には、ぴったりのサービスです。

ケータリングを使えば、ホスト役の人は食事に関することは、当日すべて、ケータリングを行ってくれる人達に任せることができるからです。
この、食事を作るという事とも行ってパーティーやイベントを行うと、進行するにしても大変な仕事になってしまいます。
それでは、とてもイベントやパーティーを楽しむということはできないのです。
ケータリングを上手に利用するためには、その内容も、予め確認することが必要です。
まず、パーティーやイベントで使う備品の調達です。
食事だけのサービスから、テーブルなども提供してくれることもありますがこれは、料金は別になります。
また、アルコールなどの飲み物は料金に含まれていたり、ソフトドリンク類は別料金だったりもするので、ケータリングの予算とは別に飲み物だけを自前で用意すると予算的にも、安くあげることができます。

コップやお皿、箸やお手拭きといったものも用意しておくと、人数が増えた場合でも心配はなくなります。
ケータリングは人が参加しやすくまた、できたての料理を楽しめるイベントに仕上げるにはうってつけのサービスなのです。
多くの、飲食業が参入してきているので料理のメニューは、和食からイタリアン、定番のフレンチ、また、中華料理などその時のイベントやパーティーの内容によって変化をつけて、チョイスすればいいのです。
ケータリングは、仲間とより楽しく盛り上がれるちょっと手作りのイベントやパーティーに欠かせないアイテムなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です